5泊旅行で気分スッキリ

top

旅行に行くなら5泊くらいするのが理想です。その町の良いところを知るためには、1泊や2泊では足りないのです。最低でも5泊すると、その町の人の暮らしを知ることができ、良い経験になります。

旅行に行くメリットは日常生活から逃れ、気分転換することにもありますが、それだけでなく現地の暮らしを知り、知識を深めることにもあります。
その土地の食べ物や習俗を知るためには、実際にそこに行ってみて地元の人と一緒に暮らすことが一番大切なのです。現地の人とたくさん話をし、おすすめスポットや食べ物を紹介してもらい、新しいいろんなことに挑戦することこそ旅の醍醐味です。

最近では旅行会社が用意しているパックツアーが主流になっていますが、自分で計画を立てていく旅にはそれなりの意味があります。現地の人達との交流を深めたいのならば、できる限り自分で計画を立て、自分の足でいろいろな場所へ赴き、臨機応変に旅を楽しむことが適しています。

5日間そこで暮らすと、平日の1週間をそこで過ごすようなものなので、その土地の日常を見ることができます。自分の普段の暮らしに追われていると、それだけが世界であるように感じがちですが、実際には世界は広く自分の抱えている問題などちっぽけだということに気づくことができます。
旅行は人の視野を広げてくれる大切な営みであり、人生においてなくてはならないスパイスです。視野を広げたいのであれば、部屋の中で本を読んでいるよりも実際に現地に赴くことが何より大切なのです。

top
画像参照:Jan Fidler

沖縄や北海道など、都心で暮らす人にとって遠い場所に行く場合には、事前にその土地の情報を調べておくと旅をより充実させることができます。
意味が分かって見る現地の生活と、意味が分からずただ真似るだけの現地の生活では、吸収できるものの量が違います。なじみのない土地に行く以上、事前にその土地の習慣を調べて、知識を得た上で出かけることが大切です。また、旅先の気候について常に気を配ることも大切です。
沖縄や北海道といった場所は、亜熱帯や亜寒帯なので、同じ日本でも随分気候が異なります。そうした気候の違いから生活の違いが発生する部分もあるので、実際に行く前に気候を含めた調査が大切なのです。旅を楽しむためにも、有意義なものにするためにも、いろんな調査をした上でたっぷりその土地を味わうことが大切です。

5泊の旅行で海外へ!海外旅行情報サイト

ハワイ ホテル | シンガポール ホテル |グアム ホテル